哺乳瓶&乳首の選び方

 

粉ミルクで育てる際に欠かせない、哺乳瓶や乳首。

 

意外と種類も多く、店頭でどれにしようか迷うかもしれません。

 

■哺乳瓶
プラスチック製とガラス製があります。
ガラス製は重いですし、落とすと割れる心配がありますが、汚れが落ちやすいので清潔に保てます。
プラスチック製は、軽いので取り扱いが楽です。
大きさは、120mlなど小さいものから、240mlのものまであります。ミルクを飲む量が増えてきたら、大きいものに変えた方が良いでしょう。

 

■乳首
材質は、天然ゴムやシリコンゴムなどがあります。
価格もそれぞれ違いがありますが、耐久性の違いもあります。
乳首には、ミルクを飲むための小さな穴があいていますが、赤ちゃんの成長に合わせて吸う力も変わってくるので、途中で買い変える必要もでてきます。
(クロスカットやスリーカットという形のものは、赤ちゃんがうまく飲めれば買い変えなくても大丈夫です)

哺乳瓶&乳首の選び方関連ページ

哺乳瓶の消毒
哺乳瓶は消毒して衛生管理を。
ミルク作りの手順
ミルク作りの手順とポイント。